アートメイクの持ちを部位別(眉、リップ、アイラインなど)に解説|長持ちさせるためのコツ

アイランタッチアップ

「アートメイクはどのくらい持つ?」
「持ちが悪いなら、施術を考え直したい」
「すぐに消える可能性はある?」

アートメイクをするにあたって気になるポイントの一つは、持ち(持続期間)ではないでしょうか。

アートメイクの持ちには個人差がありますが、ちょっとした点に気をつけて生活するだけで、より長持ちします。

ここでは、眉・リップ・アイラインなど部位別のアートメイクの持ちアートメイクが消える理由長持ちさせるコツについて解説。

さらに、リタッチが必要な時期やリタッチ費用の相場もまとめました。

目次

持ちはどのくらい?アートメイクの持続期間

アートメイクの持続期間は体質や年齢、アフターケアの仕方によって差があり、一概に「何年」と言い切れませんが、おおよそ「1~3年」ほどです。

ただし、1~3年過ぎてもすべての方のデザインが少しも残らずきれいに消えるわけではなく、まだらに残る方もいらっしゃいます。

アートメイクの持ちを左右する要素
  • 年齢
  • ターンオーバーのサイクル(体質)
  • アフターケアのし方
  • 施術箇所の皮膚の厚さ
  • メインテナンスやリタッチの頻度
  • 技術者の経験や技術力

ここからは、持続期間には個人差があるのを踏まえたうえで、アートメイクの持ちを部位別に見ていきます。

眉アートメイクの持ち

眉毛アートメイクの持ちは、1~3年ほど。2回目の施術以降は徐々に薄くなっていき、色味も多少変わってきます。

目安となる持続期間:1~3年
デザインを保てる期間:1~2年

また、施術方法によっても持続期間の差があり、2Dは最も持ちが良く、3Dは持続期間が短い傾向です。

手法ごとの持ちの差

種類方法持続期間
2D 医療マシンで均一に色を入れる 最も持ちが良い傾向
3D 医療用針で1本ずつ手作業で眉毛を描く 最も持続期間が短い傾向
4D 2Dと3Dを合わせた手法 2Dよりも持ちは悪いが3Dよりも長持ちする傾向

より長持ちさせたい場合には2Dがおすすめですが、自眉のような自然な仕上がりを希望の場合は3Dが適しています。

仕上がりの自然さと、持ちの良さの両方を兼ね備えているのが、4Dアートメイクです。

施術方法を選ぶ際はアートメイクの持ちやすさも大切ですが、仕上がりを重視して選ぶといいでしょう。

4Dアートメイクを詳しく見る

リップアートメイクの持ち

唇は、粘膜と肌の中間とも呼ばれる部位。細胞が生まれ変わるサイクルが肌よりも早く、眉やアイラインとくらべると持ちが悪い場所でもあります。

目安となる持続期間:1~3年
デザインを保てる期間:1~1年半

リップアートメイクの目安となる期間は1~3年程度。持ちが悪い部位ですが、基本的には1年以上持つと思っていただいて問題ありません。

デザインによる持ちの違いもあり、オーバーリップを行った場合、唇の部分とオーバーした部分(肌の部分)の持ちに差がでる可能性があります。

オーバーサイズリップ

※オーバーリップ:本来の唇の大きさから、少しはみ出して着色。唇を大きく見せる効果があり、唇の薄さや小ささにコンプレックスがある方におすすめのデザインです。

リップアートメイクを詳しく見る

アイラインアートメイク

目安となる持続期間:1~3年
デザインを保てる期間:1~2年

アイラインアートメイクの目安となる持続期間は、1~3年です。

持ちはデザインによって異なり、アウトラインやナチュラルラインよりもインラインの持続期間は短い傾向があります。

アウトラインまつ毛の外側・持続期間が長い傾向
ナチュラルラインまつ毛の間・持続期間はアウトラインと差がない傾向
インラインまつ毛の内側・持続期間が短い傾向
(インラインへの施術はドライアイのリスクも高くなるため、対応していないクリニックもあります。)

アウトラインは持ちが良い傾向がありますが、すっぴんのときに不自然になるケースもあります。

施術前にクリニックとよく相談して、デザインを決定しましょう。

アイラインアートメイクを詳しく見る

アートメイクはなぜ消える?タトゥーとの違い

アートメイクとタトゥーは施術する肌の深さが違うため、色の持続時間が異なります。

アートメイクは「肌に針を刺して着色する」と聞き、タトゥーを連想する方も少なくありません。

アートメイクもタトゥーも、針を使用して肌にインクを入れていく点は同じですが、半永久的に残るタトゥーと違い、アートメイクは1~3年ほどで消えます。

下記にアートメイクが消える理由、タトゥーとの違いについてまとめました。

アートメイクとタトゥーは施術する肌の深さが違う

アートメイク:0.02~0.03mm
タトゥー:2mm

アートメイクは、肌のごく浅い部分(0.02~0.03mm)の表皮と呼ばれるところに針を刺してインクを注入します。

アートメイクとタトゥー インクを入れる部分の違い

表皮は、肌の代謝(ターンオーバー)の影響を受ける部分であるため、細胞の生まれ変わりとともに、アートメイクのインクも体外へと排出されます。

一度のターンオーバーでインクがすべて排出される訳ではなく、古い角質とともに少しずつインクが排出されるため、アートメイクは数年かけて徐々に消えていくのです。

対してタトゥーは、表皮よりも深い「真皮」と呼ばれる部分(2mm)へ施術をします。

真皮はターンオーバーの影響を受けないため、インクが排出されにくい状態です。

インク自体の変色や血流によって色素が運ばれるケースもあるため、多少の退色はありますが、半永久的にデザインが残ります。

変色について詳しく見る

リップタッチアップ

アートメイクを長持ちさせるためのコツ

美容のプロによるデザインをキープして、毎日のお化粧時間を短縮できるアートメイク。せっかく施術を行ったのですから、できるだけ長持ちさせたいですよね。

アートメイクの持ちをより良くするために、日々できるコツをまとめました。

アートメイクを長持ちさせるコツ
  1. ダウンタイムの注意点を守る
  2. 肌の代謝サイクルを正常にする
  3. 手術部位のピーリングをしない
  4. 強い刺激を与えない
  5. アートメイクへの紫外線を避ける

ダウンタイムの注意点を守る

来院後の細かな傷が回復する期間であるダウンタイムの過ごし方は、アートメイクの持ちを大きく左右します。

ダウンタイムの注意点
  • クリニックから渡されるワセリンや軟膏をしっかり塗る
  • かさぶたを無理に剥がさない
  • 施術部位を濡らさない
  • 強い刺激を与えない
  • アートメイクの上にお化粧をしない

ダウンタイム中は、上記に注意してなるべく安静に過ごします。

ダウンタイムのケアを怠ってしまうと、すぐに色が消えてしまったり、ムラができてしまったりする可能性があります。

ダウンタイムを詳しく見る

肌の代謝サイクルを正常にする

アートメイクは肌の代謝(ターンオーバー)の影響を受けて、徐々に薄くなっていきます。

肌の代謝サイクルは人それぞれですが、代謝が悪い人ほどアートメイクの持ちが良い傾向があります。

とはいえ、代謝が良い方でも、故意に代謝を悪くするような行為は厳禁です。

肌の代謝が正常に行われない場合、肌トラブルを引き起こし、逆にアートメイクの持続期間が短くなってしまう可能性があります。

正常なターンオーバー

睡眠をしっかりとり、栄養バランスのとれた食生活と適度な運動を心がけると、肌の代謝サイクルが正常に近づきます。

健康のためはもちろんですが、アートメイクを長持ちさせるためにも、規則正しい生活を心がけましょう。

施術部位のピーリングをしない

ピーリングを行う際はアートメイクを避ける

「角質ケア」とも呼ばれるピーリングは、肌に残った古い角質を柔らかくして取り除きます。

毛穴やくすみ、肌のザラつきなどに効果があり、美しい肌を保つために行う方も多くいらっしゃいます。

しかし、アートメイクとの相性は悪く、持続期間を短くしてしまう原因となりかねません。

ターンオーバーを促すピーリングは、アートメイクを施した部分を避けて行うようにします。

美容クリニックでピーリングするときは、アートメイクをしている旨をあらかじめ伝えておくといいでしょう。

強い刺激を与えない

1週間ほどのダウンタイムが終了したあとでも、施術部位への強い刺激を与えないように過ごします。

避けるべき刺激例
  • クレンジングやマッサージのときでも強くこすらない
  • 無意識でも搔かないようにする
  • 花粉症の時期でも目をこすらない(アイラインの場合)

施術部位への強い刺激は、炎症などのトラブルを引き起こすとともに、ターンオーバーのサイクルを早めてしまいます

クレンジングや洗顔は、充分な量のクレンジング剤やたっぷりの泡を使用して、優しくなでるように行うのがおすすめです。

アートメイクへの紫外線を避ける

長持ちさせるためには、紫外線対策をしっかり行いましょう。

帽子と日焼け止め

アートメイクのインクが強い紫外線に反応して、退色・色あせが起きてしまう可能性があります。

また、肌がアレルギー反応を起こして炎症してしまう危険性や、血流が良くなり色素が抜けることも考えられます。

有効な紫外線対策
  • 日焼け止めクリーム
  • 日焼け止め成分の含まれる化粧品
  • 日傘や帽子、サングラス

寒い時期や曇りのときでも、紫外線は地上に届いています。

日頃から、日焼け止め成分の含まれた化粧品を使用するのはもちろん、日傘や帽子なども上手に利用しての紫外線対策をしましょう。

アートメイクのリタッチはいつ?必ず必要?

アートメイクは1回の施術で完成しないため、2回以上の来院が前提ですが、その後のリタッチは1年~2年後くらいを目安に行います。

リタッチの目安:1年~2年後くらい

アートメイクを一度したら、必ずリタッチをしなければいけない訳ではありませんが、整ったデザインや色を保つためには定期的なリタッチが必要です。

アートメイクのリタッチ費用

きれいなデザインを保つために欠かせないリタッチ。その費用は、施術部位やデザイン、クリニックによってさまざまです。

リタッチ費用の相場

部位料金相場
4万~7万円
リップ5万~8万円
アイライン3万~5万円

リタッチにかかる料金は、1回目の料金よりも安いクリニックが多い傾向です。

さらに、当院リタッチと他院リタッチの金額が異なるクリニックも。その場合、当院よりも他院のほうが1万~2万程度高くなる傾向にあります。

契約する際は、長く付き合うクリニックとしてリタッチ費用も加味しつつ、信頼できる院を慎重に選びましょう。

目次
閉じる