緊急避妊ピル

性交渉後なるべく早めに緊急避妊ピルを服用することで避妊率が上がります。未成年の方でも処方可能です。

緊急避妊ピルの料金

レボノルゲストレル錠 1錠 11,000円(税込)
※上記以外に追加料金は不要です(初診料、再診料、カウンセリング料などはかかりません)

緊急避妊ピル内服の注意点

性交渉から72時間以内に服用してください(性交渉後速やかに服用した方が、妊娠阻止率が上がりますので、なるべく早くご来院ください)

*服用後、2時間以内に嘔吐した場合は追加服用が必要です。

■性交渉から、なるべく早めに緊急避妊ピルを服用することで避妊率が上がります。

■緊急避妊ピルは妊娠を防止しますが、100%防止できる薬ではありません。
■問診票の項目に異常がある場合は処方できない場合があります。
■医師の診察なしで、緊急避妊ピルをお渡しすることはできません。
■身分証明書(保険証・免許証・マイナンバーカード・パスポート・住民票等)が必要です。

緊急避妊ピルの妊娠阻止率・副作用について

 副作用 :吐き気、下腹部痛、頭痛、嘔吐など
 妊娠阻止率 :85%(産婦人科学会ガイドラインにて)

※当院の緊急避妊ピルは「厚生労働省認可」の薬剤のみの処方になります

緊急避妊ピル服用後の生理のズレについて

緊急避妊ピルは女性ホルモン剤になります。内服後、数日から1週間くらい次の生理が早まったり、遅れたりする可能性があります。人によっては、少量の出血が2~3日でることもあります。次回生理予定日より1週間たっても出血がない場合は婦人科を受診して、妊娠してないか確認しましょう。また、次回生理予定日1週間後までに、生理かどうか分からないぐらいの少量の出血しかなかった場合も受診してください。

緊急避妊ピルが必要な方の例として

・コンドームが破れていた、外れていた
・コンドームが膣内に残留した
・避妊具を途中で外してしまった
・避妊具なしで最後は膣外射精だった
・低用量ピルを飲み忘れていた

★「もしかして・・・妊娠したかも」と不安にならないために定期的にピルを服用してきちんと避妊してみてはいかがでしょうか?低用量ピルを正しく服用すれば望まない妊娠を防げます。妊娠を望まれないのであれば「もしかして・・・」と不安な思いをしない為にも、普段から低用量ピルを使用されることをおすすめします。

緊急避妊ピルの「よくある質問」

緊急避妊ピルは未成年での購入はできますか?親の同意は必要ですか?

未成年の方のみの診察、お薬の処方もできます(親御様同意は必要ありません)

緊急避妊ピルに必要な持ち物はありますか?

「身分証明書(保険証、マイナンバー、免許証、パスポート、住民票のいずれか1つ)」と「アフターピル費用」の2点をお持ちください。

緊急避妊ピルは親への確認の連絡、家に郵便物などの通知はありますか?

自費診療になりますので、親御様に連絡やご自宅に郵便物などの通知はありません。ご安心ください。