月経前症候群(PMS)で起こる症状とは?生理前にみられる症状のほとんどはPMSのせいかも?医師が解説します。

具合悪い 女性

おはようございます。院長の石川(産婦人科専門医)です。

生理前にさまざまな身体の不調を感じたり、イライラして精神的に苦しくなることはありませんか?

「そうそう!生理痛がひどいと言う人もいるけど、実は、私は生理前のほうがつらい」、「生理前から生理中まで、月の半分くらいはずっと具合悪い」という女性は多くいらっしゃいます。

実は、このような生理前の諸症状は、月経前症候群(PMS)といって、立派な病気です。

大多数の女性が、同様の生理前の不快な症状を感じていますが、それが日常生活に支障をきたすほどつらい場合は、病院で治療するという選択肢も出てきます。

今回は、月経前症候群(PMS)についてご説明します。

この記事の執筆者

院長 石川

石川 聡司
(新さっぽろウィメンズ ヘルス&ビューティークリニック 院長)

北海道大学医学部卒業後、北海道大学医学部附属病院、帯広厚生病院など地域の中核病院に勤務。品川美容外科にて美容外科医として3年間の研鑽を積み、2021年に婦人科・美容外科を併設した当院を開業。

婦人科全般の診療のほか、美容医療では美肌治療、美容整形をはじめ脱毛・アートメイクなど幅広く対応する。(医師紹介ページはこちら

目次

月経前症候群(PMS)とはどんな病気か。起こる症状とは?

PMS イラスト

月経前症候群とは、PMS(premenstrual syndrome)とも言われ、月経前3ー10日の黄体期の間に出現する精神的、身体的症状のことです。月経の開始とともに症状は軽くなったり消失します1)

月経前症候群(PMS)の主な症状には、精神症状・身体症状に分けて以下のようなものがあります1)

精神症状
  • 情緒不安定
  • イライラ
  • 抑うつ状態
  • 怒りっぽい
  • 不安感
  • 易興奮性
  • 集中力の低下
身体症状
  • 乳房痛
  • 腹部膨満感・腹痛
  • 頭痛
  • 四肢の浮腫・むくみ
  • 眠気
  • 睡眠障害
  • のぼせ
  • 食欲不振・過食
  • 吐き気
  • めまい
  • 倦怠感
  • 肌荒れ

とくに、精神状態が強い場合には、月経前不快気分障害(premenstrual dyspholic disorder : PMDD)と呼びます。

月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)は幅広い年齢で発症しますが、日本では思春期にやや多いとされています2) 。また、肥満女性(BMI>27.5)で有病率が上がると報告されています3)

大部分の女性(生殖年齢女性の約70%-80%)には、何らかの症状が月経前に出現します。社会生活に困難をともなう月経前症候群(PMS)の頻度は5.4%、月経前不快気分障害(PMDD)の頻度は1.2%と言われています4)

月経前症候群(PMS)を引き起こす原因とは?

原因ははっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。

排卵から月経までの黄体期に、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲスチン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。月経直前に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、PMSの原因と考えられています。

また、脳内のホルモンや神経伝達物質は、ストレスなどの影響を受けるため、女性ホルモンの低下だけではなく、生活習慣、自律神経の乱れなど多くの要因から起こるといわれています1)

月経前症候群(PMS)の診断方法

女医 診察

前述したような精神症状・身体症状が過去3回の月経前に毎月現れて、月経開始後に和らぐことが確認されれば、月経前症候群(PMS)と診断します4)

出現症状を記録し、月経周期との関連を確認します。また、症状が似ているPMDDやうつ病などの精神神経疾患でないことを確認します。

月経前症候群(PMS)診断基準(米国産婦人科学会より)5)

過去3回の連続した月経周期の月経前5日間に、下記の症状が少なくとも1つ存在する。

情緒的症状

  • 抑うつ
  • 怒りの爆発
  • 易刺激性・いらだち
  • 不安
  • 混乱
  • 社会的引きこもり

身体的症状

  • 乳房緊満感・腫脹
  • 腹部膨満感
  • 頭痛
  • 関節痛・筋肉痛
  • 体重増加
  • 四肢の腫脹・浮腫

治療方法にはどんなものがあるの?

月経前症候群(PMS)の治療方法には大きく分けて、以下のようなものがあります。

  • カウンセリング、生活指導、運動療法
  • 薬物治療
    • 利尿薬
    • 鎮痛剤
    • 漢方薬
    • 低容量エストロゲン・プロゲスチン配合薬
    • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬など

薬を使わない治療

運動 女性 フィットネス

第1選択として、薬を使わない治療を試みます。具体的には、カウンセリング、生活指導、運動療法などがあります。

症状の記録をつけ、症状の頻度、発症の時期、重症度などから疾患の認識と理解を行います(認知行動療法)。

アルコールの摂取制限、禁煙、規則正しい生活、睡眠、定期的な適度の運動などを心がけます。

カルシウム、ビタミン B6、マグネシウム摂取なども症状を緩和させる可能性があります。

薬をつかった治療

薬物治療においては、症状を緩和する治療と排卵抑制治療が行われます。

利尿薬、鎮痛薬、漢方薬

浮腫や乳房緊満感に対しては、利尿薬(スピロノラクトン)、鎮痛薬を使用します。また、多様な症状に対して漢方薬が処方されることもあります。

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬

軽症や身体症状(乳房痛・浮腫)が主体の場合は、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(低用量ピル)を処方します。

排卵が起こり、女性ホルモンの大きな変動があることが月経前症候群(PMS)のそもそもの原因なので、排卵を止め女性ホルモンの変動をなくすことで症状が改善します。

服用している期間だけ一時的に排卵を止めるものなので、服用を止めるとすぐに排卵が回復します。その後の妊娠には影響を与えません1)

選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI)

欧米では第一選択薬となっています。うつ病で使用する場合と比べて、低容量で効果発現することが認められています。

精神症状が強い場合には、精神科または心療内科に相談します。

月経前症候群(PMS)と妊娠初期症状は間違えやすい?

妊娠 赤ちゃん

もうすぐ生理がくる月経前の症状なのか、妊娠してしまった初期症状なのか、迷われるかたは多いです。

なぜなら、月経前症候群(PMS)と妊娠初期症状では非常によく似た症状が出現するからです。

  • 腹痛
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 胸の張り
  • 眠気・だるさ
  • イライラ・不安感
基礎体温表

症状から月経前症候群(PMS)か妊娠かを見分けるのは困難です。

基礎体温記録をつけている場合は、高温期が続いているかどうかで確認します。

正常な場合、生理になるときは基礎体温が急激に低下し、低温期に変化します。一方で、妊娠している場合は生理予定日が来ても体温が下がることはなく、高温を保ち続けます。

生理予定日を一週間以上過ぎても高温期が続く場合は、妊娠を疑い、妊娠検査薬を使って確認することをおすすめします。

まとめ

月経前症候群(PMS)について、詳しくご説明させていただきました。

月経前症候群(PMS)の症状はありふれたもので、精神的なものから身体的なものまで幅広くみられます。

多くの女性にみられる症状ですが、日常生活を送るのが困難だ、QOL(Quality of life=生活の質)が明らかに低下している、という場合は医療的介入が可能な場合もあります。

まずは生活習慣の改善が第一ですが、どうしてもつらい症状が続く場合は、一度婦人科へのご相談も検討してみてください。

参考文献

  1. 月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS). 公益社団法人 日本産婦人科学会. http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=13
  2. Takeda T, et al. Prevalence of premenstrual syndrome and premenstrual dysphoric disorder in Japanese high school students. Arch Womens Ment Health. 2010 Dec;13(6):535-7. doi: 10.1007/s00737-010-0181-3.
  3. Hashemi S, et al. Comparison of Metabolic and Hormonal Profiles of Women With and Without Premenstrual Syndrome: A Community Based Cross-Sectional Study. Int J Endocrinol Metab. 2016 Feb 14;14(2):e28422. doi: 10.5812/ijem.28422. eCollection 2016 Apr.
  4. 産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2020. 日本産婦人科学会/日本産婦人科医会. http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2020.pdf
  5. American College of Obstetricians and Gynecologists: Premenstrual Syndrome. Guidelines for Women’s Health Care. A Resource Manual, Fourth Edition, 2014; 607-613
目次