アートメイクで後悔はなぜ起こる?理由調査と後悔しないために守りたいこと

コンプレックスの解消・メイクの時短といった、メリットがたくさんあるアートメイク。仕上がりにとても満足な方がいる一方で、後悔している方がいるのも事実です。

アートメイクの利点を知り興味があっても、後悔や失敗への不安があると、ためらってしまいますよね。

「アートメイクしてみたいけど、後悔が怖くて踏み切れない」
「実際にアートメイクをしている人は、どんな理由で後悔している?」
「絶対に後悔したくない! やって良かったと思えるために必要なことは?」

当記事では上記のような方に向けて、後悔している人の理由を踏まえた上での満足いくアートメイクをする方法アートメイクの修正や除去についてまとめています。

目次

アートメイク後に後悔している人の理由調査

まずはアートメイク後に後悔している方の理由を調査しました。デザイン・仕上がり以外にも、知識不足や「すぐ消えた」と後悔する方も多いです。

アートメイクで後悔した理由まとめ

  1. 事前のリサーチ不足
  2. 流行・似合うメイクが変化
  3. 左右非対称になった
  4. 海外で施術・変色した
  5. 希望のイメージと違った
  6. すぐに消えた

今回の調査は「後悔している方」に焦点を当てているため「満足な方の数<後悔な方の数」に見えてしまうかもしれませんが、実際はアートメイクの仕上がりに満足されているももちろん多くいます。
あくまで”アートメイクで後悔しないために何を注意すれば良いか”を知るための参考としていただければと思います。

事前のリサーチ不足で後悔

アートメイクは事前にある程度の知識を持って施術に臨むのが重要ですが、リサーチを充分に行えなかったため、後悔してしまう方が一定数いました。

とくに眉毛アートメイクの場合、どのような施術方法があり、どのような仕上がりになるのかを確認せずに施術すると、後悔する可能性が高くなってしまいます。

流行・似合うメイクが変化したため後悔

トレンドのデザインはメイク好きな方や美容に敏感な方の憧れですが、その時だけの流行デザインで施術を行ってしまうと、数年後に後悔するケースが多くなります

https://twitter.com/uFoo1DzGN38liiG/status/1385481318331387905

年齢によって顔のバランスが変化し似合うメイクも変わっていく点、さらに、眉毛やアイラインのデザイン・リップの色の流行は移り変わりが早い点も考えると、流行を追いすぎたデザインや色にしすぎないようにすると後悔するリスクを減らせます。

眉の形が左右非対称になり後悔

セルフメイクで眉を左右同じキレイな形にするのはなかなか難しく、「バランスのとれた左右対称の美しい眉毛」を求めて眉アートメイクをされる方も多いと思います。

眉アートメイクの実際の施術前には、何かあったときのリスクケアとして「必ず左右同じ形になるわけではない」とクリニックから説明がある場合がほとんどですが、実際にはもちろん左右対称になるよう、施術してくれます。

とはいえ、施術者の技術力が未熟だった場合は、左右対称にならないケースがあります

施術前には肌にデザインを下書きし、その下書きに沿って眉を描いていく(インクを注入していく)のですが、気になるほどに仕上がりが左右非対称になってしまった方も。

https://twitter.com/okanehoshii_o4/status/1415148958771388421

なかにはクリニックから、「左右対称だと不自然になる」と説明を受けた方もいらっしゃいました。

自分で気になるのはもちろん、少しの左右差でもほかの人に気づかれる可能性があるため、ストレスに感じるケースが多くみられます。

後悔しないために
失敗しないためのポイントを知る

海外で施術・変色したため後悔

アートメイクは色を定着させるため、2回以上の施術が基本です。その中で、海外のクリニックや専門店では1回で済ませてしまうところがあります。

海外でのアートメイク施術は、日本で施術するよりもアートメイクが消えにくいケースがあり、10年経っても消えずに残ってることも(そのようなケースの場合、変色してしまっているためにストレスを感じている方が多いようです)。

とくに眉の場合、赤みのある色や青みがかった色に変色してしまう傾向があります。

https://twitter.com/mksm_tmt/status/1355312004060209155

希望のイメージと違い後悔

アートメイクをする際は、どんな方でも希望のイメージや雰囲気があり、芸能人やInstagramなどの投稿を見て「こういうデザインにしたい」と希望をもって来院されることがほとんどだと思います。

誰もが「より美しくなる」と信じて施術を受けるアートメイクですが、完成したデザインが思っていたイメージと違い、後悔する方がやはりいらっしゃいます。

すぐに消えて後悔

「1~3年持つ」といわれるアートメイク。

2回以上の施術をしてもすぐに消えるアートメイクは、失敗ともいわれますが、実際に1年経たずに消えてしまう方も

5カ月や1カ月で消えてしまった場合、通院にかかった時間や費用がもったいないですよね。

そのような場合でも、リタッチにはさらに費用がかかってしまうため「もうアートメイクはしない」と、強く思う方も多いようです。

https://twitter.com/tt_ywy/status/1306069090105090048
https://twitter.com/bijincutehappy/status/1221052690433626115
https://twitter.com/xchiiiiinax/status/479880375217319936

後悔事例から学ぶ、満足いくアートメイクをする方法

アートメイク後に後悔するリスクは、事前の準備やリサーチで減らせます。

上記経験者の後悔事例をふまえ、満足のいくアートメイクをする方法をまとめました。

  • 事前にリサーチをして基本的な知識を抑えておく
  • 流行よりも自分に似合うデザインにする
  • 技術力の高い・症例数の多い施術者を選ぶ
  • 日本のクリニックで契約する
  • 持続期間に個人差があるのを理解する
  • 施術者とデザインの共有を丁寧に行う

事前にリサーチをして基本的な知識を抑えておく

満足のいくアートメイクをするためには、事前のリサーチが欠かせません。

リサーチ
主なリサーチ項目
  • 施術箇所の特徴やメリット・デメリット
  • 2D・3D・4Dなどの施術方法(眉の場合)
  • クリニックの特徴や口コミ
  • ダウンタイム中の過ごし方

クリニックによって「書き足しを前提とした形」「すっぴんでもメイクしても浮かないデザイン」といった、得意な施術方法や推奨するデザインが異なります。

信頼できる施術者は美容や医療、アートメイクのプロであるため、自分に似合うデザインやアフターケアの方法の説明など、すべてお任せできる存在です。

しかし、後悔するリスクを減らすためには、ご自身で事前に情報収集をする必要があります。

リサーチはクリニックの公式サイトやGoogleの口コミ、電話でのお問合せを利用すると簡単にできますので、充分に調べたうえでクリニックと契約をしましょう。

流行よりも自分に似合うデザインにする

メイクが好きな方や美容やトレンドに敏感な方ほど「流行りのデザインでアートメイクをしたい」といった傾向があります。

ですが、流行を追いすぎると、数年後に後悔してしまう可能性が。

また、自分の眉毛やリップの形から大きく外れたデザインを選択してしまうのも、後悔リスクが高まります。

クリニックのなかには、骨格や筋肉のつき方、表情の変化や顔のほかのパーツとのバランスなど、総合的に判断して一人ひとりに合ったデザインを行っているところも。

デザインを決める際は、自分に一番似合うものを選ぶのがおすすめです。

年齢を重ねて顔の印象やバランスが変化したときのことも考慮すると、より安心です。

技術力の高い・症例数の多い施術者を選ぶ

眉の毛並みを再現する3Dや4Dは、施術者の技術力が大きく影響する傾向があります。

また、リップやアイライン、ヘアラインでも技術力の高い施術者のほうが、失敗のリスクが低いといえます。

技術力の高い施術者の傾向
  • 仕上がりがきれい
  • 打ち合わせどおりのデザインに仕上がる
  • さまざまなデザインに対応
  • ダウンタイムが短い
  • 肌トラブルが起きにくい。

高い技術を持った施術者のデメリットは、「料金が高い傾向がある」こと。

「料金の高い施術者は、技術力が高い傾向がある」とも言い換えられますが、料金が高いだけで、技術力が高いと判断してしまうのは危険です。

料金と技術力が比例していないケースもあるため、施術者の過去の症例や保有資格などをチェックしておくと安心です。

日本のクリニックで契約する

日本では「アートメイクは医療行為」とされ、医師や看護師免許を持つ人による施術でなければ違法となります。

美容クリニック

一方、海外ではそのような法律はなく、誰でも施術を行えてしまう状態です。

海外アートメイクの後悔事例としては、消えない・変色した・濃すぎた、などがあります。

10年経っても消えない場合は、アートメイクをする本来の肌の深さ(0.02~0.03mm)よりも深い場所にインクを注入しているのが理由のひとつとして考えられます。

また、使用しているインクの成分によっては、赤や青に変色してしまうケースも。

日本のクリニックでは、変色の可能性をふまえ、年月が経過しても色が変わりにくいインクを使用しているところが多い傾向があります。

そのため、法律で規制・厚生労働省からの指導がある日本で施術を受けるほうが、より安全で後悔リスクが少ないといえます。

日本でも、美容サロンや美容院で違法にアートメイクが行われている実状があるため「日本なら安心・安全」とは言い切れません。契約をする際は、医療機関(クリニック)での施術であることを確認しましょう。

持続期間に個人差があるのを理解する

1~3年で消える特徴をもつアートメイクですが、実際にアートメイクに後悔している方の中に「すぐに消えた」「5年経っても消えない」といった声があります。

代謝のいい方や脂性肌の方は消えやすい傾向がありますが、個々人の持続期間は、実際に施術をしてみないと分からない、というのが正直なところです。

理解しておきたい持続期間に関する特徴
  • 色が定着しにくい方がいる
  • 5~10年経過してもインクが残る方がいる
  • 整ったデザインを維持するためにはメンテナンスが必須

クリニックで説明のある持続期間は目安であり、体質や施術者の技術力といった要素にも左右されます。

また、数年後に薄くなっても完全には消えずに、まだらに残ることも考えられます。100%きれいに消えない可能性があるのも理解しておきましょう。

ターンオーバーに影響を受ける性質上、年数が経過すると薄くなるため、完成直後のデザインを保つためには数年ごとのメンテナンスが必要です。

施術者とデザインの共有を丁寧に行う

アートメイクを受ける人・施術者がデザイン・イメージ共有を丁寧に行うと、満足のいくアートメイクデザインに繋がっていきます。

中には来院時に顔の写真を撮影して、デザインを書き込みイメージを共有するクリニックもあるほど。デザインにこだわりのある方ほど、そういった丁寧なイメージ共有をしているクリニックを選ぶべきです。

イメージ共有の際は、希望のデザインを施術者に伝えるだけでなく、似合うデザインをわかりやすく説明してもらうのも重要です。

不安が残ったりクリニックの対応に疑問を感じた場合は、カウンセリングだけで帰宅、施術を見合わせるようにしましょう。

一人ひとりに寄り添ったカウンセリングやデザインをしてくれるクリニックで、納得してからの契約が大切です。

アートメイク後、修正したいときは簡単にできる?

アートメイクの修正が簡単にできるかどうかは、修正したいケースによって異なります。

どのような修正ができる?

できる修正:色や形を足す修正
できない修正:デザインの変更・薄くする

アートメイク唇

アートメイク後の修正は可能ですが、どのようなデザインの修正でも簡単に行えるわけではありません。

できる

  • 細い眉やアイラインを太くする
  • 薄い色を濃くする

できない

  • 太い眉やアイラインを細くする
  • 濃い色を薄くする

アートメイクを修正したい場合、リタッチ料金や追加料金がかかります。

また、他院でのアートメイクを修正する場合は、一般的に最初の施術をしたクリニックで修正するよりも料金が高くなるため、不満をもっていない限りは同じクリニックで修正を受けたほうが総額が安くなります。

すぐに修正できる?

できる時期:最短で1カ月後~

修正は、施術してから1カ月後から可能です。

来院後の肌には、目に見えないほど細かな傷がついています。そのため、傷が完全に回復してからでなければ、追加の施術ができません。

もしも、傷が回復する前に修正をしてしまうと、肌への負担が大きく肌トラブルを招いてしまう危険性があります。

デザインに不満があり、修正をしたいと思っても1カ月は我慢し、施術時についた傷が回復するのを待ってから修正をします。

一度入れたアートメイクの除去は非常に困難

一度入れたアートメイクは簡単に消えず、除去は非常に困難です。

後悔している場合やどうしてもアートメイクを消さなければいけない場合は、除去する4つの方法があります。

アートメイクの除去方法
  1. レーザー除去
    レーザーを当ててインクの粒子を破壊。一度では消えない可能性がある。眉毛・まつ毛が生えなくなる可能性がある。
  2. 切除手術
    アートメイク部分を切り取って切除。切除した部分の毛が生えなくなる。切って縫い合わせるため多少の痕ができる。
  3. 除去液
    乳酸やグリコール酸を主成分とする除去剤を肌に注入。肌への負担が非常に大きい。強い炎症が起きて瘢痕となるケースもある。
  4. カモフラージュ
    肌色のインクを注入し、消すのではなく目立たなくする。人の肌は色が変化するため、インクを肌の色に馴染ませるのが困難。

簡単に除去できるわけではなく、最もポピュラーな除去方法であるレーザーを何度当てても、入れたアートメイクが消えないケースも多くなります。

また、切除手術は眉毛が生えなくなってしまい、除去液は肌への負担がとても大きい方法です。

さらに、カモフラージュはレーザーでの除去が困難な肌色のインクを使用するため、ほとんどのクリニックでは積極的に行われません。

アートメイクの除去について詳しく見る

除去は、どの方法をとったとしても、アートメイクをするよりも肌への負担・リスクが大きいだけでなく、費用も数倍~10倍以上かかってしまいます。

アートメイクをする際は、のちに除去しなくてもいいように、よく考えてから施術しましょう。

目次
閉じる