運営者情報

当サイトの運営者情報

婦人科・美容外科 新さっぽろウィメンズ ヘルス&ビューティークリニック 医院長 石川聡司
医院名新さっぽろウィメンズ ヘルス&ビューティークリニック
院長石川 聡司
住所北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目6-3
新さっぽろアークシティデュオ2
4階メディカルモール内
電話011-892-8000
お問い合わせhttps://will-b.clinic/artmake/contact/

当院(新さっぽろウィメンズ ヘルス&ビューティークリニック)は、“外見の美しさは内面から”をコンセプトとし、婦人科・美容外科が融合したクリニックとして、2021年2月1日に開院いたしました。

院長 石川聡司の経歴

2002年北海道大学医学部卒業
同年北海道大学医学部附属病院勤務
2003年帯広厚生病院
2006年函館中央病院
2008年旭川厚生病院
2009年網走厚生病院
2010年  同上   主任医長
2011年北海道大学医学部附属病院 産科 特任助教
2016年北海道大学医学部附属病院 周産母子センター 助教
2018年品川美容外科千葉院
2019年   同上     部長
2020年品川美容外科札幌院 主任部長
2021年新さっぽろウィメンズ ヘルス&ビューティークリニック 開院

当サイトの理念・コンセプト

当サイトは、皮膚に針を用いて色素を注入することにより、眉やリップ、アイラインやホクロ等を描いていく「アートメイク」に関して、正しい知識を持ち施術を行っていただきたい思いで開設したものです。

アートメイク

PIO-NET(パイオネット/全国消費生活情報ネットワーク・システム)※1 が消費者庁と連携して運営する事故情報データバンクには、2002年~2021年4月までの間に、206件のアートメイクに関する事例が登録されています。

※1 PIO-NET:国民生活センターと全国の消費生活センターをオンラインネットワークで結び、消費生活に関する情報を蓄積しているデーターベース

皮膚障害や角膜への傷、腫れや痛みなど内容は多岐にわたりますが、気軽にアートメイクが行えるようになった状況だからこそ、さまざまなリスクを伴う施術であることを専門家が改めて啓発し、深く理解していただく必要があると感じています。

そのため、当サイトでは、アートメイクの良いところだけではなく、リスクや注意点も隠さず、わかりやすくお伝えすることにしております。

安心してアートメイクを行うクリニックに訪れていただけるよう、利用者の方に寄り添った情報発信を続けておりますので、これからアートメイクに挑戦されたい方は、是非当サイトの情報をご参考にしていただきたいと思います。

✪当院では現在アートメイクの施術は行っておりません。また、当サイト内において自院に患者様を誘導するような文言はございませんが、サイト内で他の美容外科・美容皮膚科クリニックをご紹介しており、医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)の規定により当サイトは「広告」の扱いとなります。

記事内でご紹介しているアートメイク施術を行うクリニックは、当院が考える基準※2 に基づき、信頼性が高いクリニックに限定しております。

※2 当院が考える基準について
  • 一人ひとりに寄り添ったカウンセリングをしている
  • デザイン性に優れ、一人ひとりに合ったスタイルを提案している
  • かかる費用が明確かつ高額でありすぎない
  • 施術者の技術研修がしっかりと行われている
  • 無理な勧誘が行われていない
  • 殺菌や消毒等、衛生面に万全を期している