脱毛前の自己処理、長さは?いつどこまで剃れば良いかやり方を解説

院長 石川

おはようございます。新さっぽろウィメンズ ヘルス&ビューティークリニック院長の石川です。

クリニックやサロンでの脱毛前には、自宅で事前に脱毛する場所のムダ毛を剃っておく必要があります。

正しくムダ毛処理がされていないと、表皮熱傷(やけど)の原因になるだけでなく、照射自体ができず1回分の料金が消化されてしまうケースも。

  • 「脱毛前の自己処理は何日前にすればいい?」
  • 「前日にシェービング時間がとれないときは?」
  • 「当日に自己処理しても効果に影響しない?」

はじめて脱毛をされる方は、このようにいつ剃れば良いのか・どこまで剃ればいいのか、悩んでしまいますよね。

ここでは、いつどこまで剃れば良いのか、効果を最大限に発揮するための脱毛前の正しい自己処理方法を解説しました。

さらに脱毛前の除毛クリーム使用の可否VIOの形自己処理でチクチクしてしまう原因と対策についても掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

脱毛前の正しいムダ毛の自己処理方法

院長 石川

脱毛前のムダ毛処理は「前日の夜にシェーバーで」。毛抜きの使用は禁物!脱毛の効果が得られません。

脱毛前のムダ毛の自己処理は、予約前日の夜がおすすめ

ムダ毛の自己処理時期は脱毛に通っている場所によって案内が異なりますが、ゆっくりとシェービングの時間がとれる、前日の夜がおすすめです。

ただし、まれに「全く毛がない状態だと、どの範囲にどれくらいの太さの毛が生えているか、が分かりづらく施術者が適切な機器や出力を選べない」といった理由で、2日前の自己処理を案内するクリニックがあります。

クリニックにより案内が異なります
脱毛前の自己処理を行う時期の案内例

クリニックA1~2日前
クリニックB前日
クリニックC前日の夜 おすすめ
クリニックD前日または当日の朝
院長 石川

基本的には脱毛に通っているクリニックやエステサロンの説明に合わせておこない、指定がない場合は遅くとも前日の夜にはシェービングを済ませておきましょう。

時期が早すぎると?

医療レーザーや光脱毛の照射時、毛が長くのびている状態だと熱が皮膚表面に伝わってしまうため、やけどのリスクが高くなります。3・4日前といった早すぎるタイミングでの自己処理は、脱毛当日までに毛が伸びてきてしまい、施術時のリスクが高まります。

当日に自己処理すると?

当日に自己処理をした場合は肌が敏感な状態となり、脱毛の施術による肌の負担が増えてしまうので、おすすめできません。

脱毛効果を最大限にするための、正しい自己処理のやり方

電気シェーバーを使用し、明るいところで。毛流れに沿ってくまなくシェーバーをあてると剃り残しを防げます。

脱毛前の自己処理のポイント
電気シェーバー
  • シェービング剤を使用する
  • 明るい所でシェービングする
  • 毛の流れに沿って電気シェーバーを動かす
  • 肌に強く当て過ぎない
  • シェービング後はしっかり保湿する

シェービングは、肌を傷つけないよう、明るいところで優しくていねいに行いましょう。

普段のシェービングではT字やL字のカミソリを使用している方が多いと思いますが、カミソリでの自己処理は肌の表面の角質を必要以上に削ってしまい、肌荒れや乾燥の原因になるケースも。

脱毛前の自己処理は、電気シェーバーの使用がおすすめです。

【部位別】脱毛前の自己処理のコツ

おでこ・ほほ・口周りなどパーツに分けて剃ります。鼻の下や眉周りなどの細かな作業が必要になる部分は、フェイス用の電気シェーバーを使うと便利です。
VIOラインまずはハサミで長い毛をカットしておき、その後シェービングします。椅子に脚を上げる、かがんで剃るなと、剃りやすい体勢を見つけましょう。

細かい部分は周りの皮膚を引っ張りながらおこないます。手でなでたときにジョリジョリとした感触がなくなる仕上がりが理想です。

VIO専用のシェーバーもあるので、剃りにくい場合は部位に合わせてシェーバーを変えるのもおすすめです。
すね・腕・ワキなどの身体毛流れに逆らって剃るのではなく、毛の流れに沿ってシェービングしましょう。

ふくらはぎの裏やお尻、腰など自分では毛がないと思っていた部位も、薄くうぶ毛が生えています。全身くまなくシェーバーをあてると剃り残しをふせげます。

自己処理はどの部位であっても、肌をなでるように毛の流れに沿って優しくシェービングします。シェービング剤はクリームや泡よりも、剃っているところが見えるジェルタイプがおすすめです。

院長 石川

2回目以降の脱毛前にも使用しますので、脱毛を始めたら電気シェーバーを用意しておきましょう。

ソープ付きカミソリ

シェービング剤を塗るのが面倒な方は、ソープ付きのカミソリが肌にやさしく、手軽です。シェービング後は肌をしっかり保湿するようにしましょう。

どこまで剃れば良い?長さは何ミリ?

ちかくで凝視したとき毛が全くない状態が最適です(脱毛サロンでは1~2㎜程度ならOKといったところもあります)。

うぶ毛が残っていると脱毛の照射ができない、またはシェービング料がかかってしまうため、明るいところでチェックしながら毛が全くない状態までシェービングします。

ムダ毛の自己シェービング

顔や脇、足や腕などの自分でできる範囲は肌を傷つけないようにていねいに自己処理し、うなじや背中といった見えにくい・手が届きにくい部位は、家族やお友達、パートナーなど他の方に剃ってもらうのがおすすめです。

ただし、

  • 剃り残しのシェービング代が無料
  • 背中・うなじ・Oラインなど手の届かない範囲は無料シェービング

といった規定のクリニック・エステサロンも多くあります。

シェービング代の無料ルールがなく、剃り残しに追加料金が発生するクリニックやサロンでは1回または1部位につき500円~3000円の支払いが必要です。

シェービング代は脱毛に通うごとにかかり追加費用が思ったよりもかさんでしまいますから、身近に手が届かない範囲のシェービングを頼める人がいない方は、シェービング料がかかるかどうかをクリニック選びの基準としましょう。

院長 石川

前日夜に自己処理をすれば、問題なく施術が受けられる状態になります。時期さえ守れば長さは何ミリまで!とあまり気にしなくても良いでしょう。

脱毛前の自己処理に除毛クリームは使用しない

脱毛前に除毛クリーム使用はNG

除毛(脱毛)クリームは、数分おいて洗い流すだけで広範囲の毛をきれいに処理できるとても便利なグッズなのですが、脱毛前の除毛クリームの使用は厳禁です。

除毛クリームは強い薬剤で毛を溶かすため、刺激が強く肌トラブルの原因にもなります。炎症などの肌トラブルが起きた場合は、当日施術が行えないケースも。

強い刺激を受けた肌はとても敏感な状態となっています。敏感になってしまった肌に施術を行うと、痛みを強く感じることも考えられるほか、赤みや炎症が起こってしまう可能性が高くなります。

院長 石川

脱毛前には除毛クリームでの自己処理は避け、シェーバーで剃毛するようにしてください。

脱毛前の自己処理、VIOの形はどうすれば良い?

VIO脱毛前の自己処理は、残す部分は1.5~2cmほどにカット、脱毛する部分は1~1.5cmほどの長さを目安にカットしてから、脱毛したい部分を電気シェーバーで剃っていきます。

ハイジニーナ(VIOすべて脱毛)にしたい場合は、すべてのデリケートゾーンの毛をカットした後、全剃りをしましょう。

VIO

全体的に毛量を減らしたい場合は、残したい部分があったとしても、最初の照射1~2回までは全剃りしてすべての部位に照射してもらうのがおすすめです。

1~2回は全照射してもらい、その後の生え方によって次の照射前にどこまで剃るか、様子を見てみましょう。

VIO部位を全照射する場合は事前に「まだらになったり生えてこない場合がある」と説明があり、「大丈夫かな」と不安になってしまうかと思いますが、1~2回の照射では全く生えてこなくなるケースは非常にまれです。

VIO脱毛は最低でも5回以上の照射を重ねる必要があるため、1~2回の照射で全く毛が生えなくなるわけではありません。照射した部位は一時期に抜けてなくなっても、時間が経過するとまた生えてきます。

1~2度の照射で全く生えてこなくなる可能性(ほとんど考えられませんが)はゼロではないので、照射後は毛の生え方について様子を慎重に観察してくださいね。

主なデリケートゾーン(VIOライン)の形

VIOの形

「ナチュラル」や「トライアングル」が最も人気のある形です。また、全く毛がない状態の「ハイジニーナ」も年々人気が高まっています。

Vラインは毛を残したとしても、IラインやOラインはすべて脱毛してしまう方がデリケートゾーンのムレや臭いが軽減でき、生理の際もとてもラクになります。

Vライン・Iライン・Oラインの場所

手が届きにくいOラインは、施術前に無料で剃り残しのシェービングをしてくれるクリニックやサロンが多くあります。

院長 石川

デリケートで入り組んでいる部位でもありますので、ご自身での処理が怖い方はシェービング対応が無料のクリニック・サロンを選ぶようにしましょう。

チクチクしてしまう原因と対策

自己処理後にチクチク・ジョリジョリして、不快感を覚えたり、かゆみを感じたりとお困りの方も少なくありません。

院長 石川

この不快感は、原因を知り対策を行うことで軽減できますので、以下で解説していきます。

チクチク・ジョリジョリする原因

ムダ毛の自己処理後に、チクチク・ジョリジョリしてしまう原因は、主に3つです。

チクチク・ジョリジョリの原因
  • 処理後の毛の断面がとがっているため
  • 肌荒れ・乾燥により肌が敏感になっているため
  • 下着や衣服との摩擦のため

シェービングすると毛の断面がカットされるため、毛先が尖ってチクチクしてしまう場合があります。

ムダ毛の自己処理後の毛の状態

アンダーヘアは太く硬い毛質によって特にジョリジョリ感が出やすく、VIO部分は毛の生える方向が一定ではないこともあり、チクチク・ジョリジョリして、気になりやすい部位です。

また、毛を剃ると多少なりとも肌にダメージを与えてしまい、肌が敏感になり乾燥しやすくなっているため、チクチクを感じやすくなります。

チクチク・ジョリジョリしないための対策

チクチク・ジョリジョリ軽減への対策
  • シェービング剤を使用する
  • シェービング後はクーリングや保湿を行う
  • ゆったりした下着を着用する

シェービング剤は、電気シェーバーのすべりを良くするほか、肌を保護する役割があります。さらに、毛を柔らかくして剃りやすくする効果もあります。

シェービング後は炎症や肌が熱を持つのを抑えるために、清潔なタオルなどに保冷剤を巻いてクーリングし、しっかり保湿をしてください

VIOの残す部分の処理はハサミでカットするとチクチクしやすいので、ヒートカッターの使用も検討してみましょう。

ヒートカッターは一度に除毛できる範囲は狭いものの、熱で毛を焼き切るため、毛先が丸くなりチクチクしにくい特徴があります。

どうしてもチクチクしてかゆみを感じてしまう場合は、その都度クーリングをするとかゆみが軽減できます。


この記事を書いた医師

院長 石川
Dr. 石川 聡司

新さっぽろウィメンズ ヘルス&ビューティークリニック 院長

北海道大学医学部卒業
北海道大学医学部附属病院や帯広厚生病院など地域の中核病院を経たのち、品川美容外科にて美容外科医として3年間の研鑽を積む。
2021年に当院を開業

目次