目頭切開の値段と経過|傷跡は残る?デメリットを解説

こんばんは。院長の石川(産婦人科専門医)です。

「ぱっちりと印象的な目元にしたい」

「外国人のような幅広の二重に憧れている」

「離れ目を解消したい」

目頭切開は、このような希望や悩みを持つ方におすすめの美容整形手術です。

しかし、メスを用いる手術のため、傷跡やリスクについて不安に思われる方も少なくありません

そこで今回は、目頭切開の方法やメリット・デメリット、値段やダウンタイムなどについて詳しく解説していきます。

目頭切開の方法・効果

まず、目頭切開の概要と効果・種類について確認しましょう。

目頭切開とは

目頭切開とは、目頭の皮膚をメスで切開して横幅を広げ、目を大きく見せる治療法です。

日本人を含む東洋人の多くは、目頭に「蒙古ひだ」と呼ばれる皮膚のひだがかぶさっています。

蒙古ひだによって涙丘(るいきゅう: 目頭の内側にあるピンク色の部分)が隠れていると、目が小さく見えるほか、左右の目が離れて見え、平面的な印象を与えてしまいがちです。

そこで、蒙古ひだを取り除き、涙丘がしっかりと見える状態にすることで、目が横方向に大きく見えるようになります。

また、両目の距離が近づくため、立体的な顔立ちに近づけるでしょう。

平行型や幅広の二重を希望する人にも適しており、二重整形手術と同時に行なわれるケースも多いです。

<目頭切開の効果>

  • 目を大きく見せる
  • 離れ目を改善してバランスを整える
  • 平行型の二重を形成する
  • 二重の幅を広くする

目頭切開の種類

目頭切開には、大きく分けて「Z型形成」「W型形成」「三日月型形成」の3種類の術式があります。

クリニックや医師によってやり方は異なるため、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、カウンセリングの際に確認しましょう。

  • Z形成術

皮膚を切除せず、Z型に切開した皮弁を立体的にずらして縫合を行い、蒙古ひだをなくす方法です。東洋人の顔立ちに似合う、より自然な目元にする手技です。

腫れや傷跡が目立ちにくい点がメリットで、皮膚の切除を伴わないため、元に戻す手術も行えますが、難易度は高いです。

  • W形成術

目頭をW型に切開し、蒙古ひだを切除してから縫合。

余分な皮膚がほとんどない、涙丘が露出した状態がつくれるため、欧米人のような印象的な目元になりたい方に適しています。

ただし、皮膚をある程度切除しているため、元の状態に戻すことは出来ないと考えた方が良いでしょう。

  • 三日月型形成

蒙古ひだを1本のラインで三日月状に切り取ってから、縫合する方法です。もっとも短時間かつ負担を抑えた手術が可能です。

しかし、傷が目立つのを防ぐために、切開する範囲を少なくしなければならず、仕上がりの変化が控えめになる傾向があります。また、切開する範囲を大きくするとドッグイヤーと言われる皮膚のヨレが出来てしまい傷が目立ってしまう可能性があります。

目頭切開のデメリットはある?

目頭切開は、大きく印象的な目もとを形成できる人気の治療です。ただ、以下のようなデメリットがあることも理解しておく必要があります。

赤みや腫れが目立ちやすい

手術後は赤みや腫れが生じます。また、内出血ができる場合もあり、1週間〜2週間ほどは傷跡が目立ちやすいです。

手術直後から抜糸までの間は、縫合糸が残った状態のため、とくに違和感があるでしょう。

そのため、しばらくは仕事を休んだり、人と会うのを控えたりする必要があります。

日常生活に多少の制限がかかる

術後の腫れや痛みを抑え、きれいな仕上がりに近づけるために、日常生活において避けるべき行動があります。

たとえば、激しい運動や入浴・飲酒などは、血行を促進して腫れを悪化させるリスクがあるため控えなければなりません。

また抜糸を行うまでは、アイメイクやコンタクトレンズの着用なども厳禁とされており、不便に感じる方も多いでしょう。

目頭切開の値段・費用の相場

クリニックや術式によっても異なりますが、目頭切開の値段は20万円〜30万円が相場です。

なかにはキャンペーンや会員特典が用意されており、10万円以下の格安で受けられるクリニックもあります。

ただし、あまりにも値段が安いと、麻酔代や薬代が別途かかったり、再手術の保証が付いてなかったりするケースもあるため、必ず事前に条件を確認しましょう。

また、よりお得な手術を求めるなら、モニター制度を利用するのも良いでしょう。

モニター制度とは、手術部位の写真などをクリニックのホームページに掲載する条件のもと、割引価格で手術を行うものです。

目頭切開の痛みはどのくらい?

局所麻酔を行うため、手術中の痛みはありません。

痛いと感じるタイミングは、「目頭部分に麻酔を注射するとき」と、「手術後に麻酔がきれたとき」です。

そうは言っても、麻酔は短時間で終わるのと、術後は痛み止めを処方してもらえるため、多くの場合は我慢できる程度です。

また、抜糸の痛みに不安を抱かれる方も多いですが、極細の糸で縫合を行っているため、あまり痛みは感じないでしょう。

痛みの感じ方には個人差があるため、もし手術中や術後につらいようであれば、我慢せず医師に相談してください。

術後の経過とダウンタイム

目頭切開の術後は、体質や術式などによっても経過に差がありますが、腫れや赤みなどが一定期間生じます。

ここでは、一般的な術後の経過と、ダウンタイムの過ごし方について解説。

目頭切開の経過

  1. 手術直後
    まぶたに腫れや赤みが生じます。麻酔がきれた後は、ジンジンとした痛みが続くでしょう。
    また、縫合を行っているため、糸が目立つ状態です。
  2. 2日後〜5日後 
    強い腫れが続き、内出血が生じる場合もあります。
    また、かさぶたができたり、糸が黒ずんだりしやすく、手術直後より傷跡が目立つケースが多いです。
    5日〜1週間後に抜糸を行います。
  3. 1週間後(抜糸後)
    傷跡はまだ目立ちますが、抜糸後は赤みや腫れが一気に治まります。
    遠目からであれば、ほとんど傷跡はわからないでしょう。また、アイメイクによるカバーも可能です。
  4. 2週間〜3週間後
    赤みや腫れが引き、内出血も消失します。若干の傷跡は残っている状態です。
  5. 1ヶ月後
    傷跡がかなり落ち着き、人と会っても違和感がないくらい自然な状態に近づきます。
    クリニックによっては、手術の1ヶ月後に患部をチェックするための来院が必要です。
  6. 3ヶ月後
    赤みや腫れが完全に落ち着き、近くで見ても傷跡がほぼわからない状態になります。

ダウンタイムの過ごし方

目頭切開を受けた後、約1週間〜2週間は腫れや赤みが目立ちます。

ダウンタイム中は、目元に負担をかけないよう、ゆっくりと休み、抜糸までは、外出もできるだけ控えましょう

また、アフターケアについて医師によく確認し、術後に控えるべきことや注意点を必ず守るようにしてください。

後悔・失敗することはある?

手術後の仕上がりに満足する人がいる一方で、「失敗した」「やって後悔した」と感じる人も残念ながらいるようです

目頭切開でよくある失敗例をご紹介します。

目元が不自然に見える

離れ目を改善する効果のある目頭切開ですが、逆に左右の目の距離が近くなりすぎて違和感がでてしまうケースがみられます。

また、もともと切れ長な目の方は、横方向に大きくなると不自然になる可能性が高いです。

目頭切開の手術は、単に目の距離を近づければよいものではなく、ほかのパーツや輪郭とのバランスが非常に重要となります。

手術後に後悔しないためにも、医師とのカウンセリングでしっかりと理想のイメージを伝え、シミュレーションを行いましょう。

手術前との違いがわからない

切開する範囲があまりにも少ないと、目頭切開の効果があらわれない可能性があります。

左右の目の大きさが非対称

目頭切開によって目の大きさや形が左右非対称になってしまい、失敗したと感じる方もいるようです。

とくに、もともと左右バランスが悪い場合、きれいに整えるには高度な技術が必要であり、術後も非対称になりやすいと言われます。

目頭切開の傷跡は残る?周りに分かる可能性はあるのか

皮膚を切開しているため、術後すぐは傷跡が必ず残ってしまいます。

時間の経過とともに目立たなくなり、約2ヶ月〜3ヶ月後にはキレイになる方が多いです。周りに分かる可能性もほとんどないでしょう。

ただし、体質や手術方法・医師の技術なども仕上がりに影響するため、絶対に傷跡が残らないとは言いきれません。

少数ですが、最終的に不自然な凹みや、白い傷跡ができてしまったケースもみられます。

傷跡が残るリスクを少しでも減らすためにも、症例数が多く信頼できるクリニックを選び、納得のいくまでカウンセリングを受けましょう。

また、ケロイド体質や、もともと傷跡が残りやすい方は、事前に相談しておくと安心です。

後戻りするケースはある?

後戻りする可能性は極めて低いものの、ゼロではありません。

とくに三日月型形成による目頭切開は、高い技術を必要としない代わりに、後戻りしやすいと言われています。

また、医師のスキルも、後戻りするかどうかに大きくかかわってくるため、できるだけ経験豊富で技術力の高い医師を選びましょう

そのほか、間違ったセルフケアや、目元への刺激なども影響します。

目頭切開の修正は可能?

皮膚をどれくらい切除するかにもよりますが、仕上がりが気に入らなかった場合、「蒙古ひだ形成術」によって修正が可能です。

蒙古ひだ形成術は、目頭切開によって目と目の距離が近づきすぎてしまった場合や、平行型の二重から末広型に変更したい場合などに行われます。

ただし、完全に手術前の状態に戻すのは非常に困難であり、身体に負担もあります。

そのため、できるだけ修正する必要がないよう、カウンセリングで希望のデザインや仕上がりのイメージを細かく伝えることが大切です。

なお一般的には、Z形成術は修正が可能で、目頭の皮膚を切除するW形成術や三日月型形成術を行った場合は難しいとされています。

施術の主なリスク副作用・リスク:1週間程度腫れることがあります。より自然な感じになるのは1ケ月ほど。術後1-2週間位、内出血により赤紫色になることがあります。1ケ月から半年程度、赤みが残ることも。