生理で血の塊が出てくる!病気の可能性や過多月経について解説します。

立ちくら女性女性

おはようございます。院長の石川(産婦人科専門医)です。

生理のときに、ドロッとした血の塊が出てきて、びっくりしたことはないでしょうか?

体調により、毎月の生理の様子は変化しますが、血の塊がいつも多く出てくるというかたは要注意です。

そもそも、自分の生理が多いのか少ないのか、他人と比べたことがないため、判断できないというかたも多いでしょう。今回は、生理が多くなる過多月経について解説します。

この記事の執筆者

院長 石川

石川 聡司
(新さっぽろウィメンズ ヘルス&ビューティークリニック 院長)

北海道大学医学部卒業後、北海道大学医学部附属病院、帯広厚生病院など地域の中核病院に勤務。品川美容外科にて美容外科医として3年間の研鑽を積み、2021年に婦人科・美容外科を併設した当院を開業。

婦人科全般の診療のほか、美容医療では美肌治療、美容整形をはじめ脱毛・アートメイクなど幅広く対応する。(医師紹介ページはこちら

目次

正常の生理の様子とは?

なかなか、他人と生理の詳しい様子について話し合う機会はないと思います。医学的にみた正常な生理の平均値は以下の通りになります。ご自分の月経の様子と比べてみてください。

生理の周期

正常な生理の周期は25日-38日となっており、28日-30日が最も多いといわれています1) 。黄体期は14日でほぼ一定であり、卵胞期の日数変動が、生理周期のずれや個人差に影響をおよぼしています1)

正常な生理の持続期間は3日-7日であり、平均は5日間です1)

頻発月経正常希発月経続発性無月経
月経周期24日以下25-38日39日以上90日以上
月経周期異常の基準2)

生理周期が短いことを「頻発月経」、生理周期が長い場合を「希発月経」といいます。また、3ヶ月以上生理がない状態を「続発性無月経」といいます2)

正常な出血量

コップ 手のひら

正常の生理の出血量は20~140mlと言われています。

出血は、1回の生理で多くても合計で小さめのコップ1杯分くらいの量といえます。

この数字を聞いて、どのように感じたでしょうか?わかりにくいため、感覚的な言い方をすると、「多い日でも2時間程度はナプキンを交換せずに過ごすことができる出血量」と、一般的には解説されています。

とはいえ、生理の出血量を測定することは難しいため、血液検査で貧血が認められるなど、客観的な検査結果も参考にします。

過多月経とはどんな病気か?

過多月経とは、生理の経血量が多く、健康や生活に影響を及ぼす状態のことをいいます。出血過多により、貧血がおこり、動悸、立ちくらみ、めまい、疲れやすいなどの症状が現れることもあります。

過多月経にはさまざまな原因があり、なかには子宮の病気や内科的疾患が隠れている場合や、不妊につながることもあります。生理の量が多いと感じるかたは、一度婦人科への受診をご検討ください。

貧血

赤血球 白血球

過多月経により、毎月の出血量が増えると、貧血も引き起こします。出血により鉄が不足すると、赤血球が全身に酸素を運搬するために必要な、ヘモグロビンが作られなくなってしまいます。

過多月経による鉄欠乏性貧血は、毎月1回の生理のたびに、徐々に進行するため、かなりの貧血になるまで気づかない場合も多いです。また、健康診断などで貧血を指摘され、原因を調べてみたら、過多月経のために鉄欠乏性貧血だったという場合もあります。

動悸、立ちくらみ、めまい、易疲労性などは、貧血に続いて起こってくる症状です。

また、過多月経の原因が子宮の病気である場合は、重い生理痛など、月経困難症の症状も伴ってきます。

月経量が多い目安

ナプキン 生理 ショーツ

生理とは、子宮の内側の子宮内膜が剥がれて排出されたものです。

血の塊やドロドロの経血は、たまに出る程度であれば問題ありません。しかし、生理期間中ずっと、多量の血の塊やドロドロした経血が排出される場合は、過多月経の可能性があります。

生理の出血量は他人と比べることができないため、なかなか多い・少ないの判断を自分で行うのは大変ですが、以下のような状況に1つでも当てはまる場合は、注意が必要です。

  • 多い日用のナプキンが、2時間持たずに交換必要になる
  • 血の塊が、ナプキン交換のたびに毎回みられる
  • 日中動いたときなどに多量に出血し、衣服を汚してしまうことがある
  • 夜用ナプキンを使用しても、出血量が多く、布団が汚れてしまうことがある
  • 貧血の症状がある(動悸、息切れ、ふらつきなど)

具体的な例えで、少しは過多月経の生理のイメージがついたでしょうか?

過多月経の原因

過多月経の原因には以下のような病気が考えられます。

  • 子宮筋腫
  • 子宮腺筋症
  • 子宮内膜ポリープ
  • 子宮内膜増殖症
  • 子宮癌(頸がん、体がん)
  • 女性ホルモン分泌異常(黄体機能不全など)
  • 血液疾患(白血病など)
子宮 名前

まず一番に考えられるのは、子宮の病気です。

子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープは、良性の疾患ですが、子宮が大きくなり、子宮内膜の表面積が増えるため、生理の出血量が多くなります。また、生理のたびに症状が悪化し、過多月経がどんどんひどくなる可能性も考えられます。

子宮内膜増殖症や子宮がん(頸がん、体がん)などは、子宮内に腫瘍ができることで、出血が増え、過多月経となってしまいます。悪性の腫瘍の場合は、もちろん命に関わってきますので、一刻も早く診断・治療が必要です。

女性ホルモンの分泌異常で、子宮内膜が厚くなりすぎた場合や、血液疾患で止血機能がうまく働かない場合も過多月経となります。

さまざまな原因が考えられますが、検査や問診から、原因を特定していきます。

治療法

生理 出血

生理の出血量が多いことを自覚してクリニックを受診された場合、まずは子宮の病気が隠れていないか、検査させていただきます。

生理の周期や、基礎体温、出血の状態について詳しい問診を行います。また、超音波検査やホルモン検査、採血などによって病気の有無を調べます。


治療方法は、もちろん過多月経の原因によって異なりますが、子宮筋腫など器質的疾患の場合は、手術も検討されます。

また、エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)やレボノルゲストレル放出子宮内システム(LNG-IUS、ミレーナ)、鉄剤や止血剤などによる内科的治療も行われます。

過多月経の原因にもよりますが、これから子どもを産みたいかどうかによっても、治療方針が大きく変わってきます。

過多月経の原因の中には、放置して症状が進むと不妊の原因になってしまうものも多いです。年齢にかかわらず、生理の量が多すぎると感じた場合は一度婦人科にご相談ください。

まとめ

過多月経は自分ではなかなか気づきにくい症状です。しかし、上記のような月経血が多い目安に当てはまる場合や、血の塊が気になる場合、最近出血量が増えたと感じる場合は要注意です。

早めに見つけることができれば、治療により、症状の進行を止め、不妊症になるリスクを低くすることができます。そのほかの病気を早期発見することも可能です。

院長

普段から気軽に相談できる、かかりつけの婦人科クリニックを持つというのも、女性のヘルスケアとしてはおすすめです。

参考文献

  1. 病気が見える vol.9 婦人科・乳腺外科 メディックメディア. 
  2. 産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2020. 日本産婦人科学会/日本産婦人科医会
目次