ハイフ(HIFU)は医療がおすすめ|エステとの違い・医療ハイフの種類

30代女性の美肌

こんばんは。院長の石川(産婦人科専門医)です。

皮膚を切らずにたるみをリフトアップできる、人気の美容施術「ハイフ(HIFU)」。

クリニックだけでなくエステサロンでも行われており、どちらで施術を受ければよいのか悩んでいる方も多いでしょう。

医療ハイフとエステハイフでは、特徴や効果が大きく異なります。施術後に後悔しないためにも、両者の違いをよく理解したうえで選択すべきです。

今回は、クリニックとエステのハイフ治療の違いやリスク・医療ハイフの種類について、詳しく解説していきます。

目次

ハイフ(HIFU)とは

ハイフ(HIFU)はHigh Intensity Focused Ultrasoundの略称で、たるみのリフトアップに効果的な美容施術です。

高密度の超音波エネルギーを肌の土台となる「SMAS筋膜」にピンポイントで照射して、皮膚の自己修復を促します。コラーゲンやエラスチンの生成が活性化されるため、リフトアップだけでなく、シワやくすみの改善・ハリ感アップ・毛穴の引き締めなど総合的な美肌効果も得られるのが魅力です。

従来では、SMAS筋膜の引き締めはフェイスリフトや糸リフトなどの外科手術でなければ難しいとされていました。ハイフは、皮膚を切らずにリフトアップできる画期的な治療法として注目を集めています。

施術後は若干の赤みや火照り・むくみが出る方もいますが、メイクは直後から可能で、日常生活にほとんど支障はありません。できるだけダウンタイムなくたるみを改善したい方にはおすすめです。

ハイフ治療、エステサロンとクリニックの違いは? 

ハイフの施術はクリニックだけでなく、エステサロンでも受けられます。では、医療ハイフとエステハイフにはどのような違いがあるのでしょうか?主な違いは、四つ。

医療ハイフとエステハイフの違い
  • 出力
  • 効果の持続期間
  • 安全性
  • 料金

出力

クリニックでは、出力の高い医療用ハイフ機器が使用されています。肌の奥までしっかりと熱エネルギーが届くため、高い効果が期待できるでしょう。一方で、エステサロンで使われているハイフ機器は、医療従事者でなくても施術できるよう出力が抑えられています。SMAS筋膜までアプローチするのが難しい分、医療用に比べて効果は緩やかです。

効果の持続期間

照射するパワーが異なれば、効果が実感できる期間にも違いが出てきます。医療ハイフは約6ヶ月間リフトアップ効果が持続するのに対して、エステハイフの効果は1~2ヶ月程度です。効果を持続させるためには、短いペースで施術を受けなければいけません。

安全性

ハイフは基本的にはリスクが少ない施術ですが、まれに赤みや腫れ、むくみなどの副作用が出るケースもあります。万が一トラブルが起きた際、医師が常駐していないエステサロンよりも、すぐに対処できるクリニックのほうが安全です。

料金

医療ハイフは高い効果が期待できる分、エステよりも施術費用が高額になります。使用するハイフ機器によって差はありますが、それぞれの料金相場は以下の通りです。

施術場所料金
医療機関約40,000円~150,000円(全顔)
エステ約5,000円~10,000円(全顔)

とはいえ、安価であっても通う頻度が多ければ、結果的にエステのほうが割高となってしまうケースもあるでしょう。医療ハイフは1回の施術で効果が長く続くため、通院回数も少なく済みます。予算に合わせるのはもちろんですが、効果がしっかりと得られるか・負担のないペースで通えるかもよく検討したうえでの選択が大切です。

医療ハイフの効果 

医療ハイフの主な効果は以下の通りです。

医療ハイフの効果
  • タルミの引き上げ
  • シワやほうれい線の改善
  • 肌のハリ・弾力アップ
  • 毛穴の引き締め
  • 二重あごの解消
  • 小顔・痩身効果

皮膚の深い層まで超音波の熱エネルギーが届く医療ハイフは、フェイスラインや目のまわりのたるみ解消以外にも、コラーゲン・エラスチンの増生によるさまざまな美肌効果が期待できます。

ハイフの顔への効果

さらに、脂肪細胞を破壊し、老廃物として体外に排出する作用も認められており、二重アゴの解消や顔痩せ効果も期待できます。ハイフ機器によってはボディに使用できるものもあるので、お腹や太ももなどを部分的にシェイプアップしたい方の選択肢としても検討できるでしょう。

ハイフの体への効果

副作用やリスクはある? 

医療ハイフは、メスを使用するリフトアップ治療と比べて、肌への負担が格段に少ないのがメリットです。しかし、高い出力の熱エネルギーが肌に伝わると、副作用が生じる場合もあります。

医療ハイフの副作用
  • 赤み・腫れ
  • むくみ
  • 乾燥
  • 火傷・水ぶくれ
  • 神経損傷

赤み・腫れ

体質によっては、施術後に赤みや腫れが生じます。個人差はありますが、ほとんどの場合メイクで隠せる程度で、2〜3日で引いていきます。

むくみ

特に高出力で照射した場合には、むくみが出やすいです。症状が目立つ間はリフトアップ効果がわかりにくいですが、1週間〜1ヶ月ほどでむくみが引くと効果をしっかりと実感できるでしょう。

乾燥

照射直後は肌の水分量が一時的に減少するため、乾燥しやすくなります。外部刺激や紫外線に弱いデリケートな状態なので、保湿ケア・UVケアをいつも以上に念入りに行ってください。

火傷・水ぶくれ

骨に近い部分に真上から照射すると熱エネルギーが伝わりやすくなり、火傷や水ぶくれを起こすおそれがあります。これらのリスクを防ぐには、適切な角度で照射できる高い技術が必要です。出力がマイルドなエステハイフであっても火傷や水ぶくれの危険性はゼロではありませんので、経験豊富で信頼のできるクリニックのほうがおすすめです。

神経損傷

ハイフは肌の奥深くにある神経や筋肉まで作用する治療法です。照射する部位や出力の調整を誤ると、神経を傷つけてしまう恐れがあります。医療機関は正しい知識を持った医師が施術を行うため、神経損傷のリスクはほぼありませんが、万が一違和感を覚えた場合はすぐに受診しましょう。

医療ハイフの機器・種類

医療用ハイフにはさまざまな種類があり、機器ごとに特徴や効果が異なります。ここでは、代表的な7種類のハイフ機器をご紹介します。

代表的なハイフ機器
  1. ウルセラリフト
  2. ソノクイーン
  3. ダブロゴールド
  4. ウルトラセルQプラス
  5. ウルトラセルQプラス<リニア>
  6. ウルトラフォーマー3
  7. ユーティムスA3

ウルセラリフト

2004年にアメリカのウルセラ社が開発した、医療ハイフのパイオニアとも呼ばれるマシンです。開発までに何万件もの臨床実験を重ね安全性が実証され、FDA(アメリカ食品医薬品局)で唯一“リフトアップ効果”がある医療機器として認められています。

数あるハイフ機器のなかでも照射パワーが強く、痛みは感じやすいですが、その分高い効果が期待できるでしょう。

ウルセラハイフ
照射範囲顔全体、首
照射深度1.5mm/3.0mm/4.5mm
照射温度65℃~75℃
照射方法点状(ドット状)照射
施術時間約30分〜1時間
効果の持続期間約6ヶ月~1年

ソノクイーン

ソノクイーンは、韓国で2014年に開発されました。皮膚の「真皮・皮下組織・SMAS層」すべてにアプローチできる3種類のカートリッジを搭載し、目元やこめかみ・ほうれい線など細かい部分にも照射できます。また、施術中の痛みや副作用が比較的少ないのも特徴です。

照射範囲顔全体、首
照射深度2.0mm/3.0mm/4.5mm
照射温度60℃〜70℃
照射方法点状(ドット状)照射
施術時間約30分
効果の持続期間約6ヶ月

ダブロゴールド

2017年に韓国のHironic社が手がけたハイフ機器で、従来モデルの「ダブロ」よりも照射スピードが大幅に改善されました。約8分間で300ショットの照射が可能です。

広範囲にムラなく照射するためエネルギーが分散され、痛みを軽減できます。リフトアップだけでなく、顔全体の引き締めにも効果的です。

照射範囲顔・身体
照射深度1.5mm/3.0mm/4.5mm
照射温度55℃〜60℃
照射方法線状照射
施術時間約15分〜30分
効果の持続期間約6ヶ月

ウルトラセルQプラス

韓国の医療機器メーカーJeysis社による、MFDS(韓国食品医薬品安全庁)の承認を得たハイフ機器です。短時間で施術が可能なうえ、強力にたるみを引き上げる効果があります。

4種類のリフトアップカートリッジにより、皮膚の浅い層~深い層まで熱エネルギーを加えます。目元や口元などの細かいパーツやカーブしたエリアにも照射可能です。

ウルトラセルQプラス
照射範囲顔全体、首
照射深度1.5mm/2.0mm/3.0mm/4.5mm
照射温度60℃〜65℃
照射方法点状(ドット状)照射
施術時間約20〜30分
効果の持続期間約6ヶ月

ウルセラセルQプラス<リニア>

ウルトラセルQプラスにリニアカートリッジを装着したものです。通常より低い温度で広範囲を照射するため、痛みが少なく短時間で施術が完了します。

前述のリフトアップカートリッジはたるみの引き上げ・引き締めを目的としている一方で、リニアカートリッジは線状照射により脂肪細胞を破壊する作用があります。小顔や二重アゴ改善・ボディの部分痩せに特におすすめです。一度破壊された脂肪細胞は復活しないので、新たに皮下脂肪がつかない限りは効果が持続します。

照射範囲顔・身体
照射深度2.0mm/4.5mm/6.0mm/9.0mm/11.0mm/13.0mm
照射温度58℃
照射方法線状照射
施術時間約5分~10分
効果の持続期間半永久

ウルトラフォーマー3

韓国では「シュリンクレーザー」とも呼ばれている人気の機器です。カートリッジの種類が豊富で、より幅広い肌の悩みに対応できます。世界初の2.0mmカートリッジでは、皮膚の浅い層にまんべんなく照射する「ハイフシャワー」の施術が可能です。毛穴の引き締めや肌質改善など顔全体の美肌効果が得られます。

また、顔だけでなくボディへのアプローチも得意です。6mm・9mm・13mmのカートリッジを脂肪の厚みに応じて使い分けることで、あらゆる部位の瘦身治療が行えます。

照射範囲顔・身体
照射深度1.5mm/2.0mm/3.0mm/4.5mm/6.0mm/9.0mm/13.0mm
照射温度65℃~75℃
照射方法点状(ドット状)照射
施術時間約20分~30分
効果の持続期間約6ヶ月

ユーティムスA3

韓国のKORUST社が開発した比較的新しいハイフ機器です。きめ細かな照射と安全性の高さが魅力で、近年日本でも導入するサロンが増えています。

従来のハイフ機器に比べて痛みや火傷のリスクを大幅に軽減した、センターレスのトランスデューサーを搭載。

照射範囲顔・身体
照射深度1.5mm/3.0mm/4.5mm
照射温度60℃〜70℃
照射方法点状(ドット状)照射
施術時間約30分〜1時間
効果の持続期間約6ヶ月

施術の主な副作用・リスク:施術中に軽い痛みを感じる場合があります。脂肪が薄い部分など部位によって痛みが出やすいこともあります。施術後に、照射した部分が少し赤くなることがあります。日焼けをしている方は、施術が受けられない場合があります。施術後に照射した部分が日焼けすると、色素沈着が起こる場合があります。

目次