そばかすの光・レーザー治療|何回必要?値段やダウンタイムを解説

主に顔の頬や鼻まわりにできる小さな斑点状のシミである「そばかす」。「子どもの頃からの悩み」「顔がくすんで見える」など、コンプレックスを感じている方も多いのではないでしょうか。

遺伝的要素が強いと言われているそばかすですが、適切な治療を行うことで改善できる可能性は十分にあります。

ここでは、そばかすの改善に効果的な光・レーザー治療について、種類や必要な回数・ダウンタイム・値段などを詳しく解説していきます。

この記事の執筆者

院長 石川

石川 聡司
(新さっぽろウィメンズ ヘルス&ビューティークリニック 院長)

北海道大学医学部卒業後、北海道大学医学部附属病院、帯広厚生病院など地域の中核病院に勤務。品川美容外科にて美容外科医として3年間の研鑽を積み、2021年に婦人科・美容外科を併設した当院を開業。

婦人科全般の診療のほか、美容医療では美肌治療、美容整形をはじめ脱毛・アートメイクなど幅広く対応する。(医師紹介ページはこちら

目次

そばかす治療におすすめのレーザーの種類と効果

そばかすはシミの一種で、雀の卵殻に似ていることから別名「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも言います。

遺伝が大きく関係しているとされており、幼少期から現れることが多いですが、ホルモンバランスや紫外線などの影響で大人になってからできることもあります。

そばかすの治療法として広く用いられているのが、IPL(光治療)とレーザーです。

美容皮膚科では、患者様に治療方法を紹介するとき、光治療も「レーザー」による治療と説明することがあります。肌に照射する点は同じですが、厳密に言えば光治療とレーザー治療は異なる方法です。

IPL(光治療)

ルクセア
ルクセア

IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を当てることによって、沈着したメラニン色素の排出を促すとともに、コラーゲンの再生を活性化させる治療法です。

フラッシュライト療法とも呼ばれ、そばかすの原因となる色素に直接働きかけるため、正常な皮膚へのダメージはほとんどありません。

レーザー治療よりも出力はマイルドですが、肌に負担がかかりにくく、痛みやダウンタイムが少ないことがメリットと言えるでしょう。

また、顔全体にまんべんなく照射できるため、レーザーでは当てにくい小さなそばかすや、広範囲にある場合にも効果的です。

ただし、皮膚の深い部分(真皮層)にある色の薄いそばかすに対しては、大きな改善が見込めないと言われています。

そばかすの色が濃いところを薄くするのに適していて、真っ白な肌にするのは得意ではありませんが、肌の状態を改善する作用も期待できるため、美容皮膚科のそばかす治療ではIPL(光治療)がよく用いられています。

そばかすだけでなく、シミやニキビ跡・赤ら顔・毛穴の開きなどさまざまな肌トラブルにアプローチし、肌質全体を改善する効果も期待できます。

代表的なIPL(光治療)機器
  • フォトフェイシャル
  • フォトブライト
  • フォトRF(オーロラ)
  • フォトシルクプラス
  • ルクセア(フォトシルクプラスの後継機)

レーザー治療

レーザーは、IPL(光治療)よりも波長(光の長さ)が長く、パルス幅(レーザーの照射時間)が短いのが特徴です。

真皮層にあるそばかすにも反応しやすく、メラニン色素を焼いて破壊することで改善していきます。

波長とパルス幅はレーザー機器によって異なり、多くのクリニックではそばかすの状態によって機器を使い分けています。

1回の治療でも大きな効果が期待できるのがメリットですが、一般的にそばかすは細かい斑点が広範囲に現れる傾向にあるため、一つ一つピンポイントで照射するレーザーが用いられることは実際には少ないです。

比較的はっきりとした形で部分的に存在するシミに、より有効な治療方法と言えるでしょう。

場合によっては、まずIPL(光治療)を全体的に照射し、反応がよくなかったそばかすのみにレーザーを当てていくなど、両者を組み合わせて治療を行うこともあります。

代表的なレーザー機器
  • Qスイッチレーザー
    (YAGレーザー・アレキサンドライトレーザー・ルビーレーザー)
  • ピコレーザー

そばかすのレーザー治療は何回必要?

効果の表れ方には個人差がありますが、そばかす治療に必要な回数の目安は以下の通りです。

IPL(光治療)約3~5回
レーザー治療約1~3回

IPL(光治療)は比較的マイルドな治療であるため、1回では劇的な効果は実感しにくいです。

肌のターンオーバー(皮膚が生まれ変わる代謝のサイクル)に合わせて定期的に治療を受けることで、徐々に改善が期待できるでしょう。通常は3~5回の治療が必要になります。

レーザー治療の場合は、薄く小さいそばかすであれば1回で大きな効果を得られる可能性が高いですが、濃さや大きさ・範囲によっては2~3回程度の治療が必要です。

ただし、そばかすの状態や肌質・部位・レーザー機器によって効果は違います。

また、どれくらい改善したいかによっても必要な治療回数は変わってくるため、まずは初回カウンセリング・診察でご希望をご相談ください。一人ひとりに合った最適な治療方法を決め、必要な回数を提示いたします。

そばかすのレーザー治療は痛い?

痛みの感じ方は人によって異なるため一概には言えませんが、IPL(光治療)では、照射時にゴムで弾かれたようなパチパチとした痛みがあります。ほとんどの場合、麻酔なしでも我慢できる程度の軽い痛みであることが多いです。

一方でレーザー治療は、光治療よりも高い効果が期待できる分痛みを感じやすいでしょう。針で刺されたようなチクっとした感覚だと言われており、照射後も数時間はヒリヒリとした痛みが続きます。

麻酔クリームを使用することもできますので、痛みに弱い方・心配な方はご相談ください。

また、痛みがどの程度かを確認するため、腕などにレーザーをお試しで照射してもらえるクリニックも多いです。どうしてもそばかす治療で痛みが心配なときは、お試し照射をクリニックで申し出るのも一つの方法です。

安心して治療を受けられることが大切なので、痛みに弱い方は、できる限り痛みを伴わない範囲で無理なく治療を進めたい、とぜひご相談ください。

ダウンタイムはどのくらい?

ダウンタイムとは、治療を施した部位に炎症や赤み・カサブタなどが生じる期間のことです。

IPL(光治療)の場合

IPL(光治療)の場合、ダウンタイムは基本的にはありません。施術直後に赤み・火照りが出たとしても数時間で収まる場合が多く、メイクや洗顔も当日から可能です。

また、まれにマイクロクラストと呼ばれる薄く小さなカサブタができることがありますが、保護シールや薬などは必要なく、メイクでカバーできる程度であることがほとんどです。カサブタは、1週間程度で自然にはがれ落ちていきます。

レーザー治療の場合

レーザー治療の場合は、施術直後に赤みや腫れが出やすく、軽く火傷をしたような状態です。

赤みや腫れは2~3日程度で治まり、その後は照射部位にカサブタができます。大きめの目立つカサブタには、保護シールや軟膏などで処置をする必要があるでしょう。

約1~2週間程度でカサブタが剥がれ、正常な状態に戻っていきます。

ダウンタイム中は肌が敏感になっているため、刺激を与えないように注意しなければなりません。メイクも肌が正常な状態に戻るまでは、できるだけ控えたほうがよいでしょう。

腕のそばかすも治療できる?

そばかすは顔だけではなく、腕にできることもあります。その他にも、手の甲・肩・背中など、紫外線にあたりやすい部分に好発し、春から夏にかけて濃くなることが多いです。

これら体にできたそばかすも、光・レーザー治療によって改善することができます。

ただし、腕は顔よりも表皮のターンオーバーが遅いため、治療後のダウンタイムが長くなる傾向にあります。また、広範囲にそばかすが広がっている場合は、より多くの治療回数が必要になります。

腕のそばかすの場合には、塗り薬やケミカルピーリングなどによる治療も選べます。

レーザー治療をした後に塗り薬や飲み薬でケアをするといった方法も選択可能なので、症状や治療に対する希望に応じて、より良い方法でそばかす治療を進めることができます。

そばかすの光・レーザー治療の値段

レーザー治療は自由診療となり、クリニックごとに値段設定が異なります。値段の相場を下記にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

そばかすのレーザー治療の平均的な値段

そばかすの範囲や使用するレーザー機器によって値段は違ってきます。特にレーザーの場合は、照射範囲が広くなるほど値段が高くなります。

IPL(光治療)2~4万円(顔全体)/1回
レーザー治療1~3万円(1cm×1cm)/1回

治療は数回繰り返しますので、最終的な総額としては、約10万円前後の費用がかかると考えておくと良いでしょう。

安いクリニックを探すときの注意

悩む 女性

そばかすの治療を行っているクリニックは多数あり、価格やレーザーの種類などはさまざまです。特に初めての場合は、どこのクリニックを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

「できるだけ安い価格で治療したい」という方も多いと思いますが、安いという理由だけで判断するのはあまりおすすめできません。

費用を抑えるのは悪いことではありませんが、以下の注意点を押さえた上でクリニックを探すようにしましょう。

クリニック選定のポイント
  • 医師によるカウンセリングを丁寧に行っている
  • 予算の範囲内で最適な治療プランを提案してくれる
  • アフターケアや保証が充実している

安いクリニックでは、実際に訪れるとホームページや広告の表示価格よりも高い施術を勧められたり、施術後のアフターケアや薬代を上乗せされたりするケースも少なくありません。

契約後のミスマッチを防ぐためにも、まずは無料カウンセリングで不安や疑問を解消し、自分に合ったクリニックかどうかを見極めましょう。

再発することはある?

一度治療したそばかすは、基本的には再発することは少ないです。しかし、そばかすを作る元となるメラノサイトは存在しているため、何らかの原因によって再び生成されたり、照射前よりも濃くなったりする可能性はゼロではありません。

そばかすの再発はあり得る

再発の原因にはさまざま要素が考えられますが、特に注意しなければならないのが紫外線です。紫外線によってメラノサイトが刺激されれば、新たなそばかすやシミが生じるおそれもあるでしょう。

また、治療後肌のバリア機能が低下した状態で紫外線を浴びたり、刺激を受けたりすると、照射部位が色素沈着を起こすことがあります。これを炎症後色素沈着と言います。

多くの場合は表皮のターンオーバーとともに消えていきますが、さらなるダメージを受けることによって目立ちやすくなる危険性もあるため注意が必要です。

セルフケアをして再発予防をしよう

そばかすの再発・色素沈着を防ぐためにも、治療後のアフターケアを怠らないようにしましょう。日焼け対策を徹底することはもちろん、肌が乾燥しないよう日々の保湿ケアを念入りに行うようにします。

  • ビタミンCやL-システインなど、肌の健康やメラニン色素の生成を抑えるのに役立つ栄養素を積極的に摂取する
  • 紫外線対策を徹底する
  • 保湿ケアを徹底する

治療後は、日々の対策がそばかすの発症を抑えることにつながることを忘れずに、セルフケアに努めていきましょう。

レーザー・光線治療による副作用・リスク:熱傷、ジェルなどによる接触皮膚炎、蕁麻疹様反応など
照射後の副作用・リスク:色素沈着、色素脱失、肥厚性瘢痕(ケロイド)

目次