ハイフの効果は何日後(いつから)?効果がない理由

おはようございます。院長の石川(産婦人科専門医)です。

年齢を重ねるごとに気になる、肌のたるみやほうれい線・フェイスラインのもたつき。「改善したいけれど、切るのは怖い」「できるだけダウンタイムなしでリフトアップしたい」。そんな方におすすめなのがハイフ(HIFU)です。

今回は、切らないリフトアップ・ハイフ治療の効果について詳しく解説していきます。

ハイフ(HIFU)とは

ハイフ(HIFU)とは、High Intensity Focused Ultrasoundの略称で、切らない(メスを使わない)リフトアップとして人気の治療法です。

高密度の超音波による熱エネルギーを利用し、肌の土台である筋膜「SMAS層」にピンポイントで刺激を与えて強力にたるみを引き上げます。

sonoQuennができること

超音波は皮膚の内側のみに作用するので、表皮へのダメージはほとんどなく、痛みや腫れも最小限に抑えられます。また、顔にハンドピースをあてるだけでスピーディーに施術を受けられる手軽さも人気の理由です。治療後はすぐにメイクが可能で、いつも通り生活できます。

さらに、熱エネルギーを受けたダメージを修復するために、コラーゲン・エラスチンの生成も。

リフトアップだけでなく、毛穴の引き締めや小ジワ改善・透明感アップなど美肌効果も期待できます。

効果が実感しやすい部位

  • フェイスライン

フェイスラインは、ハイフの高い効果が期待できる部位です。効果の現れ方には個人差がありますが、ほとんどの場合施術直後からリフトアップを実感できるでしょう。「フェイスラインをすっきりさせたい」「小顔になりたい」方には特におすすめの治療法です。

フェイスラインのたるみ治療には、皮膚を切除して糸で皮膚を引き上げるフェイスリフト手術もありますが、目立つ腫れやむくみが出たり、皮膚表面がでこぼこしたりなど、ある程度のダウンタイムは避けられません。一方ハイフは、メスを使わないため副作用の心配が少なく、日常生活に支障がないのも大きなメリットです。

  • アゴ下

アゴ下のたるみや二重アゴにも効果的です。顔の輪郭が引き締まり、すっきりとした印象になります。アゴ下のたるみ・二重アゴはマッサージやダイエットではなかなか改善しにくいですが、ハイフ治療では直後から違いを実感できる方が多いです。

脂肪溶解注射と組み合わせると、より高い顔やせ効果が期待できます。

  • 頬(ほうれい線)

ほうれい線ができる大きな要因は肌のたるみです。ハイフ治療によりたるみが引き上がると、ほうれい線が目立ちにくくなり、ハリ・弾力のある肌に仕上がります。

効果が実感しにくい部位  

首やまぶた(眉下)・額などの皮下脂肪が少ない部位には大きな効果は期待できません。照射は可能ですが、他の治療のほうが適しているケースも多いので、カウンセリングでよく相談のうえ決めましょう。

HIFUに効果のある部位

ハイフの効果はどのくらい?すごいって本当? 

ハイフは主に以下のような効果が期待できます。

  • シワ・たるみ改善

ハイフの超音波エネルギーは、肌を支える土台部分(SMAS層)を集中的に熱凝固させて肌を引き締めるため、シワやたるみ・ほうれい線の改善につながります。

  • ハリ・弾力アップ

コラーゲンやエラスチンの生成を活発化させ、肌の生まれ変わりを促します。これにより、肌の奥から持ち上がったようなハリや弾力を感じられます。

  • 小顔・脂肪除去

たるみが引き上がりフェイスラインが整うと、小顔を実感できるでしょう。また、ハイフにはリフトアップだけでなく、脂肪細胞を破壊して排出する効果も認められています。顔やせや体を部分的に引き締めたい方にもおすすめです。

  • 肌質改善・美肌効果

熱の作用によって肌の新陳代謝や血行が促されるため、小ジワやくすみ・毛穴の開きなどさまざまな肌トラブルの改善にも効果的です。ツヤと透明感のある肌へと導きます。

ハイフの効果は何日後?いつから実感できるか

何日後に効果を感じられるかは、照射する部位によって違ってきます。

<フェイスラインや目のまわり・アゴ下などの顔>

比較的施術すぐにリフトアップ効果が現れやすいでしょう。これは、熱エネルギーを受けた組織が即時に引き締まるためです。その後1〜3ヶ月かけてコラーゲンやエラスチンが生成され続け、ハリや弾力アップ・美肌効果を実感できます。

<二の腕や足・お腹など、脂肪除去を目的とした部位>

施術後1〜2ヶ月ほどで効果が出始め、約3ヶ月後にピークに達します。

効果の持続期間

照射後は約3ヶ月の間コラーゲン・エラスチンが生成され、6ヶ月程度リフトアップ効果が持続します。効果を継続的に実感したい方は、半年に1回のペースで施術を受けるとよいでしょう。

顔やせや体の痩身効果に関しては、新しく皮下脂肪がつかない限りは持続します。しかし、脂肪の量やつき方によっては、3〜6ヶ月に1度のペースで複数回施術を受けるのが望ましいです。

肌の状態や使用する機器によっても効果の現れ方が異なりますので、医師とよく相談しながら施術プランを決めてください。

当院では、痛みを感じにくい次世代の医療機器「ソノクイーン」を用いたハイフ治療を行っています。その時々の肌状態に合わせて、あらゆる角度から柔軟にプログラムをカスタマイズ可能です。

sonoQueen ソノクイーン

皮膚の浅い層から深い層までアプローチする3つのカートリッジを搭載し、従来のハイフ機器では難しいとされていた目元や眉下・額・口周・首などの皮膚が薄い場所へも照射できます。

URL: https://will-b.clinic/aboutus/cosmetic-surgery/sonoqueen/

効果がない・わからないと感じる方の原因

ハイフの施術後は、すぐに効果を実感できる人がほとんどです。しかし、なかには「いまいち効果がなかった」と感じる方もいるようです。

効果がない・わからないと感じるのは、主に以下の原因が考えられます。

副作用によるむくみがある

ハイフは基本的にはダウンタイムがほとんどない治療法ですが、肌の状態によってはむくみや赤み・腫れなどの副作用が数日〜数週間続く場合があります。特にむくみが出ている間は、リフトアップ効果を実感するのは難しいでしょう。

時間が経てば自然にむくみはなくなります。効果が感じられるまで、まず1ヶ月程度は様子をみてください。

治療回数が少ない

人によっては、1回の治療では満足のいく変化が出にくい場合もあります。より高い効果を期待するのであれば、繰り返し治療を受けましょう。

元々のたるみや脂肪が少ない

ハイフは、たるみが出始める30代以降に向いている治療です。SMAS層がまだ緩んでいない20代では効果が出にくいでしょう。また、脂肪があまりにも少ない方がハイフ治療を受けると逆に顔がこけて見えてしまうため、施術が難しい場合もあります。

皮膚がたるみ過ぎている

すでに皮膚がかなりたるんでしまっている場合も、大きな効果は期待できません。個人差はありますが、50代後半からは効果を実感しにくい方が多いようです。フェイスリフトや糸リフトでの治療も検討してみてください。

ハイフの効果を高める方法

ハイフの効果をより高めるためのポイントをご紹介します。

  • 定期的なペースで通う

1回の施術でも十分な効果は得られますが、約半年に1度のペースで持続的に治療を受けるとより効果的です。

  • 他の治療と組み合わせる

ほかのレーザーや注射との併用で、リフトアップ効果をより高められる可能性があります。たとえば、強力な引き締め作用を持つ高周波治療「サーマクール」と組み合わせると、ハイフではカバーできない層にアプローチでき、相乗効果が期待できると言われています。

ハイフ治療でよくあるご質問

お腹痩せにも効果がありますか。

ハイフはお腹痩せにも効果があります。超音波の熱エネルギーによって脂肪細胞を集中的に破壊し、老廃物とともに体外へ排出するため、部分痩せに効果を発揮します。ただし、大きな効果を期待できる訳ではありませんのでハイフのみで痩せるというより、通常のダイエットでもどうしてものこってしまう部分への引き締め効果と考えていただいた方が良いでしょう。

お腹の場合は、約1ヶ月〜2ヶ月後に効果を実感する方が多いです。

また、一度破壊された脂肪細胞は復活しないため、リバウンドがしにくいのもメリットです。お腹以外にも、太ももや背中など脂肪がつきやすい部分のシェイプアップも期待できます。

自宅用のハイフでも効果がありますか。

自宅用ハイフ機器は、安全面を考慮して弱い出力でつくられているため、高い効果は期待できないでしょう。皮膚の浅い部分までしか超音波が届かないので、しっかりとリフトアップができません。

効果がまったくないとは言いきれませんが、確実にたるみを改善したいのであれば医療機関での治療がおすすめです。

また、ジェルがきちんと塗れていなかったり、正しい使い方ができていなかったりすると、肌を傷つけてしまうおそれもあります。自宅用とはいえ、取り扱いには十分に注意しなければなりません。

医療機関であれば、万が一肌トラブルや副作用が起きてしまったときもすぐに医師に相談できるので安心です。